表示文字を小さくします  表示文字を標準にします  表示文字を大きくします

白内障とは



白内障

瞳孔(黒目)の中の白い部分

本来透明な水晶体が濁り、眼内に光がよく通らなくなる状態です。


白内障の原因

老化現象に伴う加齢性白内障が大部分です。
糖尿病、アトピー性皮膚炎などの全身疾患の合併症として生じる場合や、目の打撲、外傷から生じる場合、薬剤(ステロイド剤)の副作用として生じる場合などもあります。


白内障の症状

  • ・かすんで見える

  • ・まぶしく感じたり、明るいところで見えにくい

  • ・ものがだぶったように見える

  • ・眼鏡が合わないように感じる

などの症状がでてきます。


白内障の治療方法

1.点眼:水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善させたり視力を回復させることはできません。

2.手術:濁った水晶体を超音波で砕いて除去(超音波乳化吸引)し、人工的なレンズ(眼内レンズ)を眼内に入れます


手術に踏み切るタイミング

基準があるわけではありませんが、以下のような場合には考えてみて下さい
・視力が低下して生活や仕事に支障がある
・まぶしくて見えづらい
・視力が0.6以下になって運転免許の更新ができない

入院は必要?

  • 日帰りでも入院でも手術は可能ですが、全身的な問題がある場合や、通院、ご家族の付き添いが困難な場合には入院手術となります。
  • 入院は、手術当日のみ入院し翌朝の診察を受けてから帰宅する1泊入院の場合と、手術前日から3〜4日入院する場合があります。



緑内障とは

視神経と視野に特徴的変化を有し、通常眼圧を十分に下降させることにより
視神経障害を改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患
のことをいいます


緑内障で失明?

緑内障は成人失明原因の第1位です


眼圧について

・正常眼圧は10〜21mmHgです。

・眼圧には日内変動があり1日のうちでもその値は変化します。

・眼圧が正常値であっても視神経障害が進行する場合があり、正常眼圧緑内障と呼ばれており、日本では大変多いのが特徴です


緑内障の病型

・大きく分けて、1.原発緑内障、2.続発緑内障、3.発達緑内障があります。

・原発緑内障には、開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障、混合型緑内障があります。

・最も多いのは原発開放隅角緑内障(正常眼圧緑内障も含む)です。

・以下の説明は原発開放隅角緑内障についてのものですが、このように多くの病型があるため、個々の病態については医師の説明を受けて下さい。


緑内障の症状

  • ・かなり進行するまで自覚症状はほとんどありません

  • ・ある程度以上進行すると、視野の一部に見えにくい部分を自覚したり、視野が狭くなった感じがします


緑内障の検査

1.眼圧検査:眼圧を測定します

2.隅角検査:主に開放隅角なのか閉塞隅角なのかを調べます

3.眼底検査:視神経乳頭や網膜神経線維層の状態を調べます
・緑内障が進行すると視神経乳頭の陥凹が拡大します
・緑内障が進行すると網膜神経線維層が薄くなってきます(菲薄化,欠損)

緑内障の眼底所見

視神経乳頭陥凹拡大


網膜神経線維層欠損

緑内障の眼底所見




4.視野検査:視野異常の有無を調べます

・緑内障が進行すると視野に感度の低下した部位や欠損した部位がでてきます

緑内障の視野

黒っぽく見える部分が
見にくい〜見えない部分です

緑内障の視野所見




5.OCT検査:視神経乳頭や網膜神経線維層の状態を調べます

・視神経乳頭陥凹拡大は検査を行う医師による判定の差が生じることがありますが、より客観的なデータが得られます

・網膜神経線維層の菲薄化は軽度のものは眼底検査では判定困難な場合が少なくありませんが、OCT検査では早期から検出可能です

・極早期の緑内障では、網膜神経節細胞の菲薄化が生じている可能性が指摘されていますが、OCTでは神経節細胞厚(または神経節複合体(GCC)厚)を測定可能です


*OCT検査は大変有用ですが、視神経乳頭形態や網膜神経線維厚には個人差があり、またOCTの測定精度の限界もあるため、緑内障の有無、程度は従来の検査と併せて判定します



緑内障のOCT所見 OCTによる網膜神経節複合体(GCC)の厚み

緑内障のOCT所見


・C/D比:視神経乳頭陥凹の大きさを表します
本症例では  垂直方向 0.79
          水平方向 0.87
視神経乳頭陥凹拡大が見られます


・視神経乳頭の耳側下方(黄色〜赤色部位)
で網膜神経線維層が薄いことを示しています

OCTによる網膜神経節複合体(GCC)の厚み


視神経乳頭の耳側下方の青い部位で
GCCが薄いことを示しています


緑内障の治療

唯一確実な治療法は眼圧を下降させることです

通常目標眼圧を設定し眼圧下降をめざします
*目標眼圧:視神経障害進行を阻止しうると考えられる眼圧レベル

薬物療法(点眼薬)で眼圧下降をはかりますが、それでもコントロールできない場合はレーザー治療や手術を考慮します


緑内障治療の問題点

・緑内障は元々自覚症状はほとんどない上に、薬物療法をしたからといって
自覚症状に変化がでる(よく見えるようになったりする)わけではありません。
しかし、緑内障はきわめて慢性に経過する進行性の疾患であり、一旦進行した
視野障害などの視神経障害は直すことはできません。
したがって、長期の点眼や定期観察の重要性を患者様に理解していただくことがとても大切です