表示文字を小さくします  表示文字を標準にします  表示文字を大きくします

屈折異常の基礎知識

角膜:屈折力の2/3を担っている強い凸レンズです


水晶体:屈折力の1/3を担うとともに、調節(ピント合わせ)を行っています


※ 調節:水晶体自身が厚くなったり薄くなったりして、屈折力を変化させて遠くのものにも近くのものにもピントを合わせる機能です


網膜:カメラのフィルム面にあたり、視神経を通じて脳に映像を送ります


眼軸長(がんじくちょう):角膜前面から網膜までの長さのことです



正視、近視、遠視、乱視とは

正視
正視のイメージ図平行光線が網膜の上で像を結ぶ状態です。
近視
近視のイメージ図平行光線が網膜よりも前方で像を結ぶ状態です。
眼軸長が長いために起こるものと、角膜や水晶体の屈折力が強いために起こるものがあります。

症状:遠くの看板や標識、景色がボヤけ、特に運転では危険にもつながります。

遠視
遠視のイメージ図平行光線が網膜よりも後方で像を結ぶ状態です。
眼軸長が短いために起こるものと、角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こるものがあります。

症状:遠くのものは眼を凝らさないとぼやけ、近くのものは眼を凝らしても見えずらい状態です。眼が疲れやすくなり、人によっては眼精疲労、肩こり、頭痛、めまいなどを感じる場合もあります。


注意:乳幼児の強い遠視では、内斜視や弱視になることがあるため早期発見が重要です(3歳児検診)

乱視
角膜の形状(カーブ)が均等ではなく、平行光線が一点に像を結ばない状態で、主に先天性のものです。

症状:物がダブって見えるため、不快に感じ、眼が疲れやすくなります。


眼の成長について

  • ・赤ちゃんは眼軸長が短く遠視になっています
  • ・成長と共に眼軸長が伸びていき、小学校低学年くらいでほぼ正視になることが多い
  • ・その後、眼軸長がさらに伸びると近視になります

近視の原因

近視には遺伝要因と環境要因があります。

  • 1.遺伝要因:強い近視の家系があります
  • 2.環境要因:はっきりとわかっているわけではありませんが
  • @近くのものを見る作業(TVゲーム、携帯電話など)を続けること A過矯正の眼鏡

などが関与する場合があるといわれています。


老視(老眼)とは

・加齢に伴う水晶体の硬化、弾性低下により調節力(ピント合わせの機能)が減少することです


症状:概ね40歳代以降になると、遠く(手を伸ばした距離より遠くの距離)を見ている状態から、そのまま近く(手を伸ばした範囲内だけの距離)をみた時に、ピントが合わず見えずらくなってきます


眼鏡処方の前に

・視力低下の原因は、屈折異常(近視、遠視、乱視、老視)とは限りません。そのため、眼科では、まず何らかの眼疾患が原因となっていないか確認のための検査をおこないます。


・学童期では、調節過緊張により、一時的に近視状態になっていることがあります。そのため、調節麻痺の点眼薬を使用してから屈折検査をおこなったり、調節緊張をとる点眼薬を一定期間処方する場合があります。

眼鏡処方について

完全矯正値(最もよく見える度数)の測定
眼鏡の作成にあたり、まず完全矯正値と言われる、その日の検査時に最も良好な視力を得られる度数を測定します。そのためには、より精密で精度の高い検査が必要となり、普段の視力検査より時間をかけて検査をおこないます。また老視の方の場合、近見視力表を用いて、30cmの距離での完全矯正値を測定します。


実際の眼鏡処方度数
ボーダーラインぎりぎりで作成する免許更新用眼鏡などの事情がない限り、完全矯正よりもやや弱めた度数を試し装用して頂き、違和感がでないように、また見え方に満足できるように調整をおこないます。
特に老視の場合、完全矯正値では30cmより遠ざけるとボヤケてしまいますので、患者さんの実際の使用距離に合わせた度数に調整します。

屈折異常以外の眼疾患の有無の確認と正確な眼鏡処方を同日におこなうことは困難なため、当院では原則として眼鏡処方は予約でおこなっています。


眼鏡のフィッティング

  • 眼鏡には、遠方用、近方用、中距離用、遠近両用(境目のないもの、あるもの)、中近両用(室内用)、近々両用(デスクワーク用)、遮光眼鏡など、目的に合わせた種々なタイプのレンズがあります。それぞれのタイプに長所、短所があり、使用目的に合わせたレンズを実際に試すことで選んでいただくことになります。

  • 眼鏡は適切な度数を決定するだけではなく、適切なフレームを選択し、レンズの光学中心位置(※1)が瞳孔間距離(※2)と合っているか、レンズ後面と角膜頂点との距離が適正かどうか、鼻パッドが鼻面に均等に当たるようになっているかなどフィッティングをおこなうことも重要です。

※1 光学中心位置・・・レンズ度数の基準となる位置
※2 瞳孔間距離・・・左右の黒目の距離



眼鏡を掛けると近視が進行する?

  • 眼鏡と近視進行の本当の因果関係はわかっていません。
    以下のような学説があります。

近い距離のものを見ようとするほど調節反応がにぶり、しだいに焦点は網膜の後方へずれていき、これを調節ラグといいます。しかし、通常は眼球の焦点深度(いちどにピントが合う範囲)によって、調節ラグによるぼやけは自覚されません。ところが、この調節ラグが長時間続くと、その誤差に順応するように眼軸長がのびる(近視が進行する)といわれています。

この説が正しいとすれば、近視眼鏡をかけると、眼鏡の度数分だけ近くを見る時の調節必要量が増え調節ラグは増加することになりますから、近視が進行する可能性があるということになります。逆に近視眼鏡を掛けなければ、近くを見る時の調節必要量は少なくてすむので調節ラグが抑制され、近視は進行しにくいということです。

一方、眼鏡をかけずに我慢しても近視がどんどん進行する場合があることや、眼鏡のかけ始めの時期は、たまたま最も近視進行が早い時期であるため、一見眼鏡をかけることで近視が進行したように見えるという説もあります。

近年、近視の学童に累進屈折眼鏡(近方視用に老眼鏡のような度数を入れる)を用いることにより、調節ラグを抑制し近視が予防できるかどうかという研究がされていますが、まだ一定の見解が得られていません。

  • 少なくとも、過矯正の近視眼鏡は網膜の後方に像が結ぶことになり、像にピントを合わせようとして眼軸長が伸び、近視が進行する可能性がありますので、注意が必要です。

学童期の眼鏡

教室の最前列で0.3、最後列で0.7程度の視力が必要であるといわれています。


眼鏡は常に装用している必要はありません。黒板を見るときだけかけて、机の上は裸眼でみてもかまいません。
しかし、かけたりはずしたりしていると、眼鏡のフレームが曲がり、フィッティングが悪くなることがありますので、眼鏡のメンテナンスが必要となります。